一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 動物葬儀霊園業界では日本で初めて法人化された協会であり、各地域で実績と信用があると認められた動物霊園により構成された業界団体です。
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 動物葬祭概論
 

●動物葬祭概論 発刊
動物葬祭ディレクター検定試験は、この動物葬祭概論を
もとに出題されますので、受験を御希望の方はご購入を
お勧め致します。

書籍購入のご送金が確認でき次第、一週間以内に
この本を郵送致します。   

動物葬祭ディレクター検定試験 必修書

●定価3,000円+外税240円+送料400円
●平成23年3月20日 初版発刊    
●平成27年2月10日 第2版発刊    
●平成31年1月31日 第3版発刊
●A4版

 

 

第3版発刊のことば
2011年春の初版発刊以来、第2版に続き今般第3版を発行致す事となりました。初版発行当時は動物葬祭業界に不祥事もあり業界のモラル向上が大きな問題となっており本書もその社会的要請に応える事が大きな使命でもありました。近年は不祥事も大幅に減少し業界全体の業務倫理や顧客対応力及び設備内容等が向上して参りました。
本書は動物葬祭ディレクター検定試験のテキストとして又業界唯一の専門書として大きな責任を自覚し動物葬祭業界が日本国内の動物愛護者に支持され続け動物火葬業務が将来に於いても民間の動物葬祭業界が担うるとする為、業界全体のモラルと接遇と施設の向上に寄与する事が発行目的であります。しかしながら地方自治体による条例制定で動物葬祭施設に対し異常に厳しい立地規制をされる一部の自治体も見受けられますが、日本国憲法の理念に適う、反対住民の主張だけでなく動物葬祭施設を利用する多くの動物愛護者の利益と要望そして動物葬祭事業者の事も考慮した社会全体のバランスのとれた条例が今後も制定される事を希望致しております。
又我々動物葬祭業界が動物葬祭文化と風習を創るのではなく日本国内の動物愛護者の亡き家族動物に対する自然な想いと愛情を葬送の流れの形に変え、喪主様の代理とか代行ではなく喪主様の想われる又希望する葬祭全般の流れのお手伝いに徹する事が将来共動物葬祭業界がこの社会に支持され続ける為には肝要な事と存じます。
私共動物葬祭業界は業界人の一人一人が業務について誇りと業務倫理を持ち今後に於いて今以上に業界の社会的信用が確立される事を念願致しております。 尚、第3版は火葬業務に必要な、遺体燃焼と化学、を章として追加致しました、それ以外はここ4年間の社会や業界内外の変化を捉えた第2版の追加及び変更と致しました、又本書は執筆者が章により異なる為、内容に多少の重複や章により倫調が変わる事をご了承頂きたいと存じます。
最後にこの第3版発行にあたり業界内及び業界外の先生方々の執筆や貴重な記述を頂き協力を頂きました事に対し心より感謝申し上げさせて頂きます、尚この書の記述内容に誤りや不適切な表現などがありましたら遠慮なくご指摘並びにお申し出等を頂きます事をお願い申し上げ監修者として第3版発行のことばとさせて頂きます。

 

2019年 1月        監修 一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会
                         代表理事 中村 修二
 
 
 
 
 
第 3 版 動 物 葬 祭 概 論  
  目 次  
  第3版発刊によせて  
  第3版発刊のことば  
   
1章 動物葬祭の知識と実践  
  1.動物葬祭の呼称の位置付け……………………………………
  2.動物供養と動物愛護の歴史……………………………………
  3.動物葬祭業の始まりと現在……………………………………
  4.人間の葬送の種類………………………………………………
  5.土葬の定義………………………………………………………
  6.火葬の定義………………………………………………………
  7.葬儀、火葬の留意点…………………………………………… 4〜7
  8.葬祭業務の接遇………………………………………………… 8〜9
  9.動物葬祭の流れ図……………………………………………… 10
     
2章 火葬の知識と実践  
  1.火葬の歴史……………………………………………………… 11
  2.火葬及び火葬炉について……………………………………… 11
  3.拾骨の意味と方法……………………………………………… 12
  4.骨上げ及び収骨設備…………………………………………… 12
  5.火葬燃焼器の種類……………………………………………… 12〜13
  6.煙突等の空気循環装置………………………………………… 13
  7.火葬の安全な作業……………………………………………… 13
  8.火葬炉の維持及び管理………………………………………… 14
  9.公害防止装置…………………………………………………… 15
  10.火葬場建設と住民対策……………………………………… 15
  11.バーナーの基本構造図……………………………………… 16〜17
  12.動物火葬場の基本構造例…………………………………… 18〜19
  13.ペット火葬車………………………………………………… 20
  14.火葬後の残骨について……………………………………… 21
     
3章 遺体燃焼と化学  
  1.遺体燃焼………………………………………………………… 22
  2.遺体構成と燃焼………………………………………………… 22
  3.焼骨と遺骨……………………………………………………… 22
  4.水分と火葬……………………………………………………… 23
  5.発火温度と燃焼温度…………………………………………… 23
  6.可燃物の発熱量………………………………………………… 23
  7.酸素温度と燃焼温度…………………………………………… 23
  8.ダイオキシンと脱臭…………………………………………… 24
  9.動物炉の集塵装置……………………………………………… 25〜26
  10.燃料計算の意味……………………………………………… 27
     
4章 動物霊園管理  
  1.動物霊園施設…………………………………………………… 28
  2.墓地・納骨堂の種類…………………………………………… 29
  3.動物霊園管理運営……………………………………………… 30
  4.管理のマニュアル参考例……………………………………… 31〜32
  5.意識と能力の向上……………………………………………… 33
  6.参拝者応対……………………………………………………… 33
  7.霊園職員の使命………………………………………………… 34
  8.運営管理の確立………………………………………………… 34
  9.業務執行指針の作成…………………………………………… 35
  10.長期的運営管理の計画書…………………………………… 35
     
5章 ペットロス  
  1.ペットロスの定義………………………………………………… 36
  2.ペットロスの分類………………………………………………… 37
  3.ペットロスのプロセス…………………………………………… 38
  4.ペットロスのエピソードと症状…………………………………… 38〜40
  5.ペットロス症候群とは…………………………………………… 40〜41
  6.ペットロスとペットロス症候群の相違…………………………… 41〜42
  7.ペットロスと病的悲嘆…………………………………………… 42〜44
  8.ペットロス悲嘆を重くする要因………………………………… 44〜46
  9.専門者に照会すべき喪主……………………………………… 47
  10.ペットロスへの準備教育……………………………………… 47〜49
  11.死別の悲しみを乗り越えるには……………………………… 49〜51
  12.ペットを亡くした悲しみを抑える理由………………………… 51〜53
     
6章 喪主対応及び業務道徳  
  1.喪主への心遣い………………………………………………… 54
  2.ホスピタリティ精神……………………………………………… 54〜55
  3.礼儀礼節……………………………………………………… 56〜58
  4.おもてなし……………………………………………………… 58〜59
  5.四段階のサービス……………………………………………… 59〜60
  6.グリーフケア…………………………………………………… 61
  7.喪主への挨拶と説明…………………………………………… 62〜65
  8.業務規範………………………………………………………… 66
  9.法律遵守と企業道徳…………………………………………… 66
  10.事業者の礼節と模範………………………………………… 67
     
7章 衛生管理  
  1.人と動物の共通感染症………………………………………… 67
  2.共通感染症の種類……………………………………………… 69〜72
  3.消毒とは………………………………………………………… 73〜74
  4.遺体の取り扱い方・その他注意点……………………………… 74
     
8章 動物愛護法及び愛玩動物  
 

1.ペットに関する法律について……………………………………

75〜80
  2.主な犬の体重や特徴…………………………………………… 81〜85
  3.主な猫の特徴…………………………………………………… 86〜87
  4.動物の寿命……………………………………………………… 87
  5.動物豆知識……………………………………………………… 88〜91
     
9章 宗教と社会  
  1.宗教とは何か…………………………………………………… 92〜98
  2.日本の宗教文化………………………………………………… 99〜103
  3.日本の新宗教…………………………………………………… 104〜107
  4.ペット葬儀・供養………………………………………………… 108〜113
     
10章 法令及び仏教の資料  
  1.動物葬祭に関する法律・法令………………………………… 114〜118
  2.建設・施設に関する法律……………………………………… 119〜122
  3.動物葬祭に関する条例………………………………………… 123〜128
  4.条例の例………………………………………………………… 129〜138
  5.仏教の資料……………………………………………………… 139〜149
 


執筆人  
  1章 北陸ペット葬儀社 代表取締役 宮嶋 博悦
     フェアウェイペットメモリアルパーク 取締役 渡辺 千穂
  2章 ペット愛葬社 取締役会長 中村 修二
     ペットセレモニープレア 常務取締役 大高 教生
  3章 ペット愛葬社 取締役会長 中村 修二
  4章 東海動物霊苑 代表取締役 神谷 重範
     愛ペット エンジェルリング 代表取締役 小林 勉
  5章 日本ペットロス協会 代表理事 吉田 千史
  6章 (株)レイニ 代表取締役 谷 明世
  7章 みやの動物病院 院長 獣医師 宮野 浩一郎
  8章 モリヤ動物病院 院長 獣医師 森谷 孝雄
  9章 北海道大学 宗教社会学 教授 櫻井 義秀
  10章 ジャパンペットセレモニー 代表取締役 藤本 政光
     ペット愛葬社 代表取締役 中村 幸雅
   
記述人  
  群馬大学工学部 教授 日本エネルギー協会 元部会長 志賀 聖一
  (株)キャスターアーク 代表取締役 梅田 晴男
  (株)サントイ 代表取締役 藤井 伴明
  (株)三機バーナー 代表取締役 松本 蔀次
   
監修人  
  日本動物葬儀霊園協会 代表理事 中村 修二

     
 
動物葬祭ディレクター検定試験について
  本書を検定用テキストとした動物葬祭ディレクター検定試験を
毎年6月に東京、大阪で実施します。
  @一級動物葬祭ディレクター
  A二級動物葬祭ディレクター
  検定試験の実施詳細は、日本動物葬儀霊園協会HPで公開しています。
 
 動物葬祭概論
  2011年3月20日 初版 発行
  2015年2月10日 第2版 発行
  2019年1月31日 第3版 発行
   
  発行所
   一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会
   Japan Animal Ceremony and Association Sematary
  定価 3000円  外税 240円  送料 400円
   
  〒920-0362
石川県金沢市古府西1−1
TEL 076-266-5666   FAX 076-268-1059
HP    http://www.ndsrk.org/
      メール info@ndsrk.org
   
 
 
 
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 お近くの動物葬儀場を探す
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 日本動物葬儀霊園協会とは
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 会員法人一覧
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 動物葬祭ディレクター検定試験
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 入会資格について
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 近況のお知らせ

日本動物葬儀霊園協会顧問 参議院議員 橋本聖子 氏
日本動物葬儀霊園協会 動物葬祭ディレクター検定試験 学術顧問 日本ペットロス協会 代表者 吉田千史 氏

 

 
 
COPYRIGHT (C) 一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 ALL RIGHTS RESERVED.