一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 動物葬儀霊園業界では日本で初めて法人化された協会であり、各地域で実績と信用があると認められた動物霊園により構成された業界団体です。
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 動物葬祭概論
 
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 動物葬祭概論

●動物葬祭概論 発刊
動物葬祭ディレクター検定試験は、この動物葬祭概論を
もとに出題されますので、受験を御希望の方はご購入を
お勧め致します。

書籍購入のご送金が確認でき次第、一週間以内に
この本を郵送致します。   

動物葬祭ディレクター検定試験 必修書

●定価3,000円+送料360円
●平成23年3月20日 初版発刊    
●平成27年2月10日 第2版発刊    
●A4版

 

 

第2版発刊のことば
4年前に動物葬祭業界で動物死体遺棄事件があり社会的に注目されていた時期に、この業界初の専門書として初版が発刊されました。動物葬祭業界の健全な発展と社会的地位向上の為、業界従事者の知識と職業倫理の目的として、業界外の先生方の助力も頂き初版を発刊し業界内外の多くの方々に購読を頂き、又この書をテキストとした動物葬祭ディレクター検定試験もこの4年間に数百人の方に受験して頂きました。
今般の第2版は初版の上記に記載の目的以外に、自由競争による業界の資質向上と動物愛護者の利便等の向上の為、個人又は異業種法人の方々のこの業界への参入を促し助力出来る様、9章に於いて関係法令と条例を詳しく掲載し、又2章に於いて動物火葬炉設置の住民対策なども掲載し動物葬祭事業をこれから計画される方々にとっても良き教本となる事も主な目的に加えさせていただきました。
又初版の8章の、宗教、を第2版では、宗教と社会、とし今般初めて宗教社会学の大学教授の先生に執筆していただきました、4章のペットロスについてはペットロス研究では権威の先生に6章の衛生管理と7章の動物愛護法は現在動物病院で活躍されている獣医師の先生に5章の喪主対応などにつきましては人間の葬祭業界で社員教育をされている先生にそれぞれ執筆をして頂き、第1章、2章、3章、9章は動物葬祭業等を営む方々の助力により、初版より約4割の増頁と内容の拡充がなされた第2版の発刊となりました。
尚、本書は内容が多様多岐であり、章ごとに執筆者が異なる為、一部内容が重複及び論調が統一されてない事を予めご了承頂きたいと存じます。
又、最近地方自治体による条例制定で動物葬祭施設の立地規制が住居などからの異常に長い距離の立地規制など動物葬祭業者にとって厳しい規制をされる一部の自治体も見受けられますが、日本国憲法の理念に適う、反対住民の事だけでなく業者を利用する動物愛護者の利益と動物葬祭業者の事も考慮したバランスの取れた条例制定が今後なされる事を希望しています。
初版でも述べさせて頂きましたが、ペット葬祭は我々事業従事者がペット葬祭文化を創り喪主をリードするのでは無く、ペットを亡くした方々の意向と考えで行われるべきであり、又一連のペット死去後の葬祭行為は喪主の代理、代行で行うのではなく、喪主様の意向に従いお手伝いに徹するとの原則をもって行動すべきかと存じます。
最期になりますが、本書中について執筆の間違い又は不適切な内容がありましたならば、お許しを頂きたいと思います。又執筆の内容等のご指摘等がございましたならば遠慮なくお申し出頂きます事をお願い申し上げ、監修者としての、第2版発刊のことば、とさせて頂きます。

 

2015年 2月        監修 一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会
                         代表理事 中村 修二
 
 
 
 
 
第 2 版 動 物 葬 祭 概 論  
  目 次  
  第2版発刊によせて  
  第2版発刊のことば  
   
1章 動物葬祭の知識と実践  
  1.動物葬祭の呼称の位置付け……………………………………
  2.動物葬祭の歴史…………………………………………………
  3.動物葬祭業の始まり……………………………………………
  4.人間の葬送の種類……………………………………………… 2〜3
  5.土葬の定義………………………………………………………
  6.火葬の定義………………………………………………………
  7.葬儀火葬の留意点……………………………………………… 4〜6
  8.葬祭業務の接遇………………………………………………… 7〜8
  9.動物葬祭の流れ図………………………………………………
     
2章 火葬の知識と実践  
  1.火葬の歴史……………………………………………………… 10
  2.火葬及び燃焼とは……………………………………………… 10
  3.火葬及び火葬炉について……………………………………… 11
  4.拾骨の意味と方法……………………………………………… 11
  5.骨上げ及び収骨設備…………………………………………… 11〜12
  6.火葬燃焼機の種類……………………………………………… 12
  7.煙突等の空気循環装置………………………………………… 13
  8.火葬の安全な作業……………………………………………… 13
  9.火葬炉の維持及び管理………………………………………… 13〜14
  10.公害防止装置………………………………………………… 14
  11.動物炉の集塵装置…………………………………………… 14〜15
  12.ダイオキシンと臭気…………………………………………… 15
  13.燃焼計算の意味………………………………………………… 16
  14.火葬場建設と住民対策………………………………………… 16
  15.バーナーの基本構造図………………………………………… 17
  16.動物火葬場の基本構造例……………………………………… 18
  17.移動火葬車……………………………………………………… 19
     
3章 動物霊園管理  
  1.動物霊園施設…………………………………………………… 20
  2.意識と能力の向上……………………………………………… 21
  3.動物霊園管理運営……………………………………………… 21〜22
  4.墓地・納骨堂の種類…………………………………………… 22
  5.管理のマニュアル参考例……………………………………… 23〜24
  6.参拝者応対……………………………………………………… 24〜25
     
4章 ペットロス  
  1.ペットロスの定義………………………………………………… 26
  2.ペットロスの分類………………………………………………… 27
  3.ペットロスのプロセス…………………………………………… 28
  4.ペットロスのエピソードと症状…………………………………… 28〜30
  5.ペットロス症候群とは…………………………………………… 30〜31
  6.ペットロスとペットロス症候群の相違…………………………… 31〜32
  7.ペットロスと病的悲嘆…………………………………………… 32〜34
  8.ペットロス悲嘆を重くする要因…………………………………… 34〜37
  9.専門者に照会すべき喪主………………………………………… 37
  10.ペットロスへの準備教育………………………………………… 37〜39
  11.死別の悲しみを乗り越えるには………………………………… 39〜41
     
5章 喪主対応及び業務道徳  
  1.喪主への心遣い………………………………………………… 42
  2.ホスピタリティ精神……………………………………………… 42〜43
  3.礼儀礼節………………………………………………………… 44〜46
  4.おもてなし……………………………………………………… 46〜47
  5.四段階のサービス……………………………………………… 47〜48
  6.グリーフケア…………………………………………………… 49
  7.喪主への挨拶と説明…………………………………………… 50〜56
  7.業務規範………………………………………………………… 57
  8.法律遵守と企業道徳…………………………………………… 57
     
6章 衛生管理  
  1.人と動物の共通感染症………………………………………… 58
  2.共通感染症の種類……………………………………………… 59〜62
  3.消毒とは………………………………………………………… 63〜64
  4.遺体の取り扱い方・その他注意点……………………………… 64
     
7章 動物愛護法及び愛玩動物  
 

1.ペットに関する法律について……………………………………

65〜70
  2.主な犬の体重や特徴…………………………………………… 71〜75
  3.動物の寿命……………………………………………………… 76
  4.動物豆知識……………………………………………………… 76〜79
     
8章 宗教と社会  
  1.宗教とは何か…………………………………………………… 80〜86
  2.日本の宗教文化………………………………………………… 87〜91
  3.日本の新宗教…………………………………………………… 92〜95
  4.ペット葬儀・供養………………………………………………… 96〜101
     
9章 法令及び仏教の資料  
  1.法律法令………………………………………………………… 102〜107
  2.動物葬祭に関する条例………………………………………… 108〜113
  3.条例の例………………………………………………………… 114〜123
  4.仏教の資料……………………………………………………… 124〜133
 


執筆人  
  1章 北陸ペット葬儀社 代表取締役 宮嶋 博悦
     フェアウェイペットメモリアルパーク 取締役 渡辺 千穂
  2章 ペット愛葬社 代表取締役 中村 修二
  3章 東海動物霊苑 代表取締役 神谷 重範
     平野動物霊園 霊園代表 西川 洋一
  4章 日本ペットロス協会 代表理事 吉田 千史
  5章 (株)レイニ 代表取締役 谷 明世
  6章 みやの動物病院 院長 獣医師 宮野 浩一郎
  7章 モリヤ動物病院 院長 獣医師 森谷 孝雄
  8章 北海道大学 宗教社会学 教授 櫻井 義秀
  9章 ペット愛葬社 代表取締役 中村 修二
     ジャパンペットセレモニー 代表取締役 藤本 政光
   
記述人  
  (株)いのうえ 代表取締役 井上 峰一
  (株)キャスターアーク 代表取締役 梅田 晴男
  (株)サントイ 代表取締役 藤井 伴明
  (株)三機バーナー 代表取締役 松本 蔀次
   
監修人  
  日本動物葬儀霊園協会 代表理事 中村 修二

参考資料・書籍
  葬儀概論
火葬概論
ホスピタリティがあなたの意識を変える
よく生きよく笑いよき死と出会う
仏教とキリスト教
 
動物葬祭ディレクター検定試験について
  本書を検定用テキストとした動物葬祭ディレクター検定試験を
毎年6月に東京、大阪で実施します。
  @一級動物葬祭ディレクター
  A二級動物葬祭ディレクター
  検定試験の実施詳細は、日本動物葬儀霊園協会HPで公開しています。
 
第2版 動物葬祭概論
  2011年3月20日 初版 発刊
  2015年2月10日 第2版 発刊
   
  発行所
   一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会
   Japan Animal Ceremony and Association Sematary
  定価 3000円   送料 360円
   
  〒920-0362
石川県金沢市古府西1−1
TEL 076-266-5666   FAX 076-268-1059
HP   http://www.nihonndoubutsusougireiennkyoukai.or.jp/
     http://www.ndsrk.org/(2015年春より)
メール info@nihonndoubutsusougireiennkyoukai.or.jp
     info@ndsrk.org(2015年春より)
   
  印刷 藤田製本印刷株式会社
◎無断での複写・転載は出版権の違反となります。
 
 
 
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 お近くの動物葬儀場を探す
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 日本動物葬儀霊園協会とは
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 会員法人一覧
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 動物葬祭ディレクター検定試験
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 入会資格について
一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 近況のお知らせ

日本動物葬儀霊園協会顧問 参議院議員 橋本聖子 氏
日本動物葬儀霊園協会 動物葬祭ディレクター検定試験 学術顧問 日本ペットロス協会 代表者 吉田千史 氏

 

 
 
COPYRIGHT (C) 一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会 ALL RIGHTS RESERVED.